Innopedia(イノペディア)は、現在及び過去の世界中のイノベーター及びその情報を集めた事典です。

Innopedia TOP思想家・学者 > エイミー・C・エドモンドソン
思想家・学者

エイミー・C・エドモンドソン
Amy C. Edmondson

世界で注目されるチーム思考

ハーバード・ビジネススクール(ノバルティス記念講座)教授。リーダーシップと経営論を担当。チームをテーマにした研究、特に「チーミング」で知られる。メンバーが固定した安定的なチームではなく、人材をもっと流動的に配置しながら、境界や領域を超えて協働するようなかたちがチーミングである。

所属企業名

ハーバード・ビジネス・スクール
Harvard Business School

世界の超一流ビジネススクール

ハーバード・ビジネス・スクール (英: Harvard Business School, HBS)は、ハーバード大学の経営大学院である。

エイミー・C・エドモンドソンの記事エイミー・C・エドモンドソンの説明

アカデミックの世界に入る前は、ペコス・リバー・ラーニングセンターで研究ディレクターを務めていた。また彼女は、ジオデシック・ドームで有名なバックミンスター・フラーのもとでチーフ・エンジニアとして働いた経験もあり、数学の知識がない読者向けにやさしく解説したA Fuller Explanation: The Synergetic Geometry of R. Buckminster Fuller(1987年。「バックミンスター・フラーのシナジー幾何学」)という著書がある。ビジネス書としての1作目はOrganizational Learning and Competitive Advantage(1996年。「組織学習と競争優位」)。

?エドモンドソンの研究は、組織における学習プロセス、特にグループ・ダイナミクスの解明とチーム学習に焦点を当てる。またその調査対象は、心臓外科手術室から、製造工場、役員室まで多岐にわたる。2012年刊行のTeaming: How Organizations Learn, Innovate, and Compete in the Knowledge Economy(「チーミング:知識経済下で企業が学習し、イノベーションを起こし、競争する方法」)も、これをテーマとしている。

エイミー・C・エドモンドソンの記事よく読まれている記事

2015.04.07

社会格差を大きくしない成長を目指すミャンマー - 森宏一郎

まさか、自分がミャンマーの国家公務員に対して授業をする機会に恵まれるとは思わなかった。2月上旬、ミャンマーの若手国家公務員を中心に16人が滋賀大学にやってきた。2週間の短期集中型の研修プログラムを実施したのである。 カバーした分野は経済・金融・企業・農業・環境・政策・統計学と多岐にわたる。それに加...

出典 BLOGOS

2014.10.09

ハーバード研究者が語る、「チーム力」を高めるためにリーダーがやっていいこと、悪いこと

 サッカーワールドカップが閉幕して、はや2ヶ月。新しい指揮官を迎え、日本代表は4年後のロシアワールドカップに向けてスタートを切っています。  ブラジル大会で予選敗退に終わった日本代表の課題として「チーム力」を挙げる評論家が多くいましたが、ビジネスの世界でも「チーム力」は大きな課題の一つでしょう。ど...

出典 Business Journal

2014.10.07

「当たり前」ができるチームをつくろう!

 サッカーワールドカップが閉幕して、はや2ヶ月。新しい指揮官を迎え、日本代表は4年後のロシアワールドカップに向けてスタートを切っています。  ブラジル大会で予選敗退に終わった日本代表の課題として「チーム力」を挙げる評論家が多くいましたが、ビジネスの世界でも「チーム力」は大きな課題の一つでしょう。...

出典 新刊JPニュース

エイミー・C・エドモンドソンの動画よく見られている動画

2013.06.18

Building Teams That Learn: Amy Edmondson

出典 Youtube

2011.01.12

Amy Edmondson On The End of the Team As We Know It

出典 Youtube

2014.08.20

2013 One minute - video interview with Amy Edmondson PhD, Harvard Business School on teaming teaming

出典 Youtube