Innopedia(イノペディア)は、現在及び過去の世界中のイノベーター及びその情報を集めた事典です。

Innopedia TOP思想家・学者 > ジェフリー・フェッファー
思想家・学者

ジェフリー・フェッファー
Jeffrey Pfeffer

影響力のマネジメント ビジネススクール教授

スタンフォード大学ビジネススクール教授(トーマス・D・ディー2世記念講座)。専門は組織行動学。

所属企業名

スタンフォード大学
Stanford University

よく遊び、よく学びぶ 勉強だけではない名門校

スタンフォード大学(英語: Stanford University)は、カリフォルニア州スタンフォードに本部を置くアメリカ合衆国の私立大学である。1891年に設置された。
正式名称はリーランド・スタンフォード・ジュニア大学(Leland Stanford Junior University)。校訓は「Die Luft der Freiheit weht(独:自由の風が吹く)」。サンフランシスコから約60 km南東に位置し、地理上も、歴史的にもシリコンバレーの中心に位置している。

ジェフリー・フェッファーの記事ジェフリー・フェッファーの説明

1979年よりスタンフォード大学で教鞭をとる。これまで13冊の著作を持ち、ハーバード大学ビジネススクール、ロンドン・ビジネススクール、IESEなどで客員教授や講師を務めている。 <主な著書>『影響力のマネジメント』、『事実に基づいた経営』、『人材を活かす企業』、『なぜ、わかっていても実行できないのか』などがある。

ジェフリー・フェッファーの記事よく読まれている記事

2015.04.22

社員が最も稼ぐ企業」はどこだ! 一人当たり営業利益額ランキング(2013年度)

日本企業の“社員力”は下がっている 「一人当たりの営業利益額を高めるには『経営力』と『社員力』が高いことが不可欠です。そうした視点で見ると、たとえランキングされた企業であっても、日本企業にはのんびりと構えている余裕はありません」と、指摘するのは2006年に『社員力革命』がベストセラーになった、ヘイグ...

出典 Forbes JAPAN

2015.04.16

「最新・企業経営論」日本は「米国式経営」を模倣すべきではない/ジェフリー・フェファー(スタンフォード大学ビジネススクール教授)

米国西海岸屈指の経営学者といえば、スタンフォード大学ビジネススクールのジェフリー・フェファー教授をおいてほかにはいない。  同大学の教壇に立って35年余り。「人材重視の経営」が結果的に企業の収益増につながることを書いた『人材を活かす企業』など、多くの著書を持つベストセラー学者でもある。2013年には、...

出典 Forbes JAPAN-

2014.05.13

CSRが社内浸透しない最大の原因“行動のジレンマ”とは何か

世の中は「ジレンマ」で、できている。そう思ってます。 最近、僕が注目するのは「Knowing-Doing Gap」というジレンマ。頭ではわかってるけど実行はしない、といったヤツ。 ジェフリー・フェファー、ロバート・サットン著の「なぜ、わかっていても実行できないのか 知識を行動に変えるマネジメント」(原題:The K...

出典 BLOGOS

ジェフリー・フェッファーの動画よく見られている動画

2013.03.18

Jeffrey Pfeffer

出典 Youtube

2008.12.16

Dr. Jeffrey Pfeffer talks about Getting Things Done

出典 Youtube

2006.06.05

Hard Facts: Author Interview: Jeffrey Pfeffer & Robert I. Sutton

出典 Youtube