Innopedia(イノペディア)は、現在及び過去の世界中のイノベーター及びその情報を集めた事典です。

Innopedia TOP社会起業家 > セバスチアン・スラン
社会起業家

セバスチアン・スラン
Sebastian Thrun

「人間の脳を作るのは簡単だ」世界有数の研究者。Google.org所属

グーグルの副総裁・フェローであり、スタンフォード大学のコンピュータ科学で非常勤研究教授を務めていた。Stanford Artificial Intelligence Laboratory (SAIL)の所長を務めていたが、2012年David StavensとMike Sokolskyともにユーダシティと創立し、科学、技術、工学、数学などの分野の授業を無償で提供することに精力を注いでいる。グーグル・グラスを開発したGoogle Xの社長も務める。

所属企業名

グーグル・ドット・オーグ
Google.org

人類が使うすべての情報を集め整理する世界の検索エンジン

Google(グーグル)は、検索エンジン、クラウド・コンピューティング、ソフトウェア、オンライン広告といったインターネット関連のサービスと製品を提供する多国籍企業。収益の多くをアドワーズ(AdWords)と呼ばれるオンライン広告から得ている。

セバスチアン・スランの記事セバスチアン・スランの説明

スランは、2005年度DARPAグランド・チャレンジで勝利した無人自動車スタンレーの開発を率いた。スタンレーはSmithsonian Institution's National Museum of American Historyに展示されている。また、スランの研究チームはジュニアという自動車を開発し、2007年度DARPAアーバン・チャレンジでは二位となった。スランはグーグルの無人自動車の開発も指導している。

スランは、自動地図作成などに応用できるロボットにおける確率的プログラミング技術でも知られている。彼の業績は、39歳のときに選出された全米技術アカデミー、2007年に選出されたGerman Academy of Sciences Leopoldinaとして認められた。2011年、スランはMax-Planck-Research Award、第一回AAAI Ed Feigenbaum Prizeを受賞した。ファースト・カンパニーは、スランを世界中のビジネスで5番目に最もクリエイティブな人物と選出した。

出典 : Wikipediaより一部抜粋
注 : 転載した内容の著作権は Wikipedia のライセンスに従います

セバスチアン・スランの記事よく読まれている記事

2015.03.31

「人間の脳を作るのは簡単だ」 セバスチャン・スラン氏に聞くAIと労働者の未来(下)

セバスチャン・スラン氏:テクノロジーが持つ破壊(ディスラプション)の前には、どんなビジネスも安全ではない。ジャーナリズムは既にその波が押し寄せている業界の代表例だが、今後はこれまで影響の小さかった金融や行政、高等教育などの分野も対象になっていくだろう。 グーグルXの創設者で、自動運転の開発者とし...

出典 日経ビジネスオンライン

2014.09.24

グーグルのスラン氏退任、研究所幹部で3人目

セバスチャン・スラン氏(2012年11月28日) Getty Images  米グーグルの一見不可能な構想の現実化に取り組む"ムーンショット"研究所「グーグルX」は、また一人著名な幹部を失った。セバスチャン・スラン氏だ。  スラン氏は、グーグルの自動運転車プロジェクトの当初のリーダーだった。この構想は2009年に始まり、...

出典 THE WALL STREET JOURNAL

2013.01.29

スタンフォード大教授が巻き起こす、教育革命 学歴は、インターネット大学でも手に入る

インターネット教育に旋風を巻き起こす、セバスチャン・スラン(写真:Getty Images North America) セバスチャン・スランと聞いても、それが何者か、すぐにわかる人は少ないだろう。だが、これからのコンピュータ時代の中核を担っていく世界の何十万人もの若者にとって、この名前は彼らの未来と同義だと言っても過...

出典 東洋経済オンライン

セバスチアン・スランの動画よく見られている動画

2011.03.01

「Googleの自動運転車で目指していること」

出典 TED

2011.01.12

TEDx Brussels 2010 - Sebastian Thrun - Rethinking the Automobile

出典 Youtube

2013.01.29

Sebastian Thrun

出典 Youtube