Innopedia(イノペディア)は、現在及び過去の世界中のイノベーター及びその情報を集めた事典です。

Innopedia TOP思想家・学者 > ダニエル・ピンク
思想家・学者

ダニエル・ピンク
Daniel Pink

さまざまな顔を持つ思想家

ダニエル・ピンク(英: Daniel H. Pink、1964年)は、アメリカ合衆国の作家で、ビル・クリントン政権下のロバート・ライシュの補佐官を経て、1995年から1997年までアル・ゴア副大統領の首席スピーチライターを務めた。その後、フリーエージェントを宣言して、ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストなどの記事や論文を執筆している。

『マンガ学』を高く評価し、2007年、日本の漫画を研究するためジャパン・ソサエティ(全米最大の日米交流団体)のメディア・フェローとして日本に滞在していた。『デキるやつに生まれかわる6つのレッスン』は全編をマンガで書き上げた(原作部のみ。作画者は別にいる)。過去刊行物の焼き直しやアンソロジーでなく、オリジナル刊行物を、漫画のみで刊行するという、思想書として類を見ない挑戦である。

ダニエル・ピンクの記事ダニエル・ピンクの説明

主な著書[編集]『フリーエージェント社会の到来』解説: 玄田有史
『ハイ・コンセプト』日本語訳:大前研一
『モチベーション3.0』日本語訳:大前研一
『人を動かす、新たな3原則』日本語訳:神田昌典
『ジョニー・ブンコの冒険 デキるやつに生まれかわる6つのレッスン』解説:吉本佳生

ダニエル・ピンクの記事よく読まれている記事

2015.04.23

作家、ダニエル・ピンクの人生を変えたアドバイス。「人生は、エッセイを書くことと一緒。やり始めないと分からない」

作家であるダニエル・ピンクが、ノースウェスタン大学の卒業生に向けて、自身の人生を変えたアドバイスについてスピーチをしました。その内容が、学生の心に響き瞬く間に話題となりました。 彼が伝えたいのは、計画を大切にしすぎるのではなく、時にはその計画を捨てる勇気を持つことが大切だというのです。 そし...

出典 ガジェット通信

2015.04.20

全米絶賛のビジネス本が日本上陸!『エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする』

限りある時間をいかに有意義に効率的に使うか−−。人生の成功者や一流の企業人はとにかく時間の使い方がうまい。それはおそらく彼らが意識的にせよ無意識的にせよ、本書でいうところの「エッセンシャル思考」を身につけているからだ。 エッセンシャル思考の基本は、「より少なく、しかしより良く」。著者のグレッグ・マ...

出典 T-SITEニュース

2014.09.10

RSS最新記事 印刷向け表示 大きな文字小さな文字 Social Bookmark,Share いまやどこで働いているかに関係なく 誰もがフリーエージェントだ

『フリーエージェント社会の到来(原題:Free Agent Nation)』初版がアメリカで刊行されたのは2001年のことです。著者のダニエル・ピンクは同書で、フリーエージェントが増えていく背景を調査・分析し、それがもたらす社会への影響を予測しました。それから10余年、この間に起こった実際の変化を、果たしてダニエル・ピ...

出典 ダイヤモンド・オンライン

ダニエル・ピンクの動画よく見られている動画

2009.07.01

「やる気に関する驚きの科学」

出典 TED

2007.07.09

ダニエル・ピンク-Daniel Pink-が「フリーエージェント社会の到来」を語るNo.2

出典 Youtube

2008.04.01

第1話 「ハイ・コンセプト(新しいことを考え出す人)の時代」

出典 Youtube