Innopedia(イノペディア)は、現在及び過去の世界中のイノベーター及びその情報を集めた事典です。

Innopedia TOP思想家・学者 > ディーン・ケーメン
思想家・学者

ディーン・ケーメン
Dean Kamen

今世紀最後の発明家。セグウェイ、iBOTなどの発明で有名

アメリカ合衆国の発明家、起業家。セグウェイの発明が有名。約400件のパテントを保有。現在は自分の発明会社を持ち、500人のエンジニアや技術者を抱えている。輸液ポンプAutoSyringeや電動車椅子iBOT、等の発明で有名であり、ロボット競技会を運営する「FIRST」の創設者でもある。

所属企業名

DEKA リサーチ・アンド・デベロプメント社
FIRST(For Inspiration and Recognition of Science and Technology)

世界最大のロボットコンテストを運営

20世紀最後の発明家ディーン・ケーメンによる発明カンパニー。iBOT(高さが変わる。車椅子)、DEKA Arm(義手)、浄水器などの分野で様々な革新的な製品開発を行う。

ディーン・ケーメンの記事ディーン・ケーメンの説明

ケーメンはニューヨーク州ロングアイランドで生まれる。ウースター・ポリテクニク大学(英語版)に入学したが、5年間の輸液ポンプ AutoSyringe の個人的研究の末、卒業前に退学している。

ケーメンは、セグウェイと呼ばれるようになった発明品にまつわる報道で一般に知られるようになった。セグウェイは一種の電動二輪車であり、複雑なコンピュータ制御のジャイロスコープ的安定装置と制御システムによって並列な二輪上でバランスをとるようになっている。開発は極秘裏に行われたが、2001年1月、ある本の中でスティーブ・ジョブズなど有名なIT専門家がその発明が社会に大きな変革をもたらすと述べていると書かれたため、様々な憶測を呼ぶこととなった。

ケーメンはスターリングエンジンの設計プロジェクトに深く関わり、それを浄水システム Slingshot の動力源として応用した。彼は、このプロジェクトによって開発途上国の水の供給事情の改善をしたいと考えていた。浄水システムの特許としてアメリカ合衆国特許第7,340,879号を既に取得しており、他にも特許出願中である。ケーメンの会社 DEKA では現在ソーラーパワーに関する発明に従事しているという。また、DARPAの資金で Luke Arm という脳で制御する義肢を研究開発している。

ケーメンは、圧縮空気を動力源として人間を空中に発射する装置も発明した。これはSWATチームなどを正面から入れない高い建物の屋根に素早く送り込むためのものである。

しかし、ケーメンはこれら以前に既に発明家として成功していた。まず、輸液ポンプ AutoSyringe を発明しその製造販売のために会社を起業。また、輸液ポンプの技術を応用して携帯可能な人工透析機(インスリンポンプ)や後にセグウェイに発展したジャイロスコープ技術を使用した不整地走行可能な電動車椅子 iBOT を発明している。

出典 : Wikipediaより一部抜粋
注 : 転載した内容の著作権は Wikipedia のライセンスに従います

ディーン・ケーメンの記事よく読まれている記事

2015.02.17

セグウェイ開発者の、夢のような"発明生活"

ケーメンの名前は、セグウェイで広く知られるようになった。 自転車、自動車、電車と、もう乗り物のかたちはこの世に出尽くしたと思っていたところ、体重を前に傾けるだけで前進する不思議な2輪の乗り物が生まれたのだ。電気で静かに動くが、まるで魔法のようにスムーズに走行する。 2001年に発表されたセグウェイ...

出典 東洋経済オンライン

2015.02.01

セグウェイのディーン・ケーメンが創設した、全米のロボット・コンペ「ファースト」

今、アメリカで若い世代のロボットへの関心を盛り上げているのは、「ファースト(FIRST)」という非営利組織だ。ファーストは、セグウェイを発明したディーン・ケーメン氏が1989年に創設したもので、全米の子供たちが出場する科学関係のコンペティションを開催する。 そのケーメン氏について、『ギガオム』誌が記事を...

出典 robonews.net

2014.05.29

生卵もつかめる!41億円でセグウェイ開発者が生んだ筋電義手とは

セグウェイ開発者が手がけた「DEKA arm」が筋電義手として初めてFDA(アメリカ食品医薬品局)に承認された。脳からの電気信号を受けて生卵をつかむなどの細かな動作を行える。この承認により市販も視野に入った。 ***  フック状の義手や、木の棒の義足をつけた海賊は、映画や絵本、漫画などでおなじみのキャ...

出典 キーマンズネット

ディーン・ケーメンの動画よく見られている動画

2009.08.01

発明の裏にある感情

出典 TED

2007.03.01

ディーン・ケーメンが最新の義手をお披露目する

出典 TED

ディーン・ケーメンの著書・関連書籍著書・関連書籍

世界を変えるマシンをつくれ!―「セグウェイ」をつくった天才発明家とエンジニアたち

2004年7月出版

Amazon.co.jp で詳細を見る

若い時の発明で巨万の富を築いていた発明者ディーン・カーメン。その彼がさらなる世紀の発明セグウェイ(自動的にバランスを取る装置を搭載した2輪付きスクーター、コードネームは「ジンジャー」)の開発に向けて研究所を構えた。
当初から謎に包まれていたが、ジンジャーは10年後には最も一般的な移動手段になるだろう、というカーメンの言葉により、プロジェクトは一気に、救世主の到来のような様相をみせはじめた。見栄えがよくてミステリアスな新種の発明品と、インターネットのゴールドラッシュの最後の時期が重なり、プロジェクトへの参加をめぐる騒動に、スティーブ・ジョブスやジェフ・ベゾスらが加わって、そしてベンチャー資金の投資競争が始まり──。  昨年度全米ベストセラー、待望の邦訳。