Innopedia(イノペディア)は、現在及び過去の世界中のイノベーター及びその情報を集めた事典です。

Innopedia TOP思想家・学者 > ピーター・ドラッカー
思想家・学者

ピーター・ドラッカー
Peter Drucker

「現代経営学」あるいは「マネジメント」の発明者

オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人経営学者。「現代経営学」あるいは「マネジメント」(management) の発明者。
他人からは未来学者(フューチャリスト)と呼ばれたこともあったが、自分では「社会生態学者」を名乗った。

所属企業名

クレアモント大学院大学
Claremont Graduate University

アメリカ合衆国カリフォルニア州クレアモントにある5校の大学と2校の大学院大学からなるコンソーシアム。多くの大学コンソーシアムとは異なり、クレアモント・カレッジズのキャンパスはそれぞれが歩いて行ける距離内に隣接している。全てのキャンパスを合わせると2.6km2程の面積になる。クレアモント・カレッジズの創設は1925年にポモナ大学(英語版)に隣接してクレアモント大学院大学(英語版)が設置されたことによる。特化性・柔軟性・各学生への配慮などといった小規模大学の利点と大規模大学の機能性を併せ持つことがコンソーシアムの目的とされている。また、区分化されたカレッジ制大学のデザインはオックスフォード大学の影響である。合計6,300人以上の学生、約700人の教員、約1600人の従業員、サポート職員を抱え、クレアモント・カレッジズでは2000以上の課程が提供されている。

ピーター・ドラッカーの記事ピーター・ドラッカーの説明

1929年、ドイツ・フランクフルト・アム・マインの『フランクフルター・ゲネラル・アンツァイガー』紙の記者になった。1931年にフランクフルト大学にて法学博士号を取得。このころ、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)のアドルフ・ヒトラーやヨーゼフ・ゲッベルスからたびたびインタビューが許可された。1933年、退職して急遽ウィーンに戻り、イギリスのロンドンに移住。ジョン・メイナード・ケインズの講義を直接受ける傍ら、イギリスの投資銀行に勤める。
1939年、処女作『経済人の終わり』を上梓。1942年にバーモント州ベニントンのベニントン大学教授となった。1950年から1971年までの約20年間、ニューヨーク大学(現在のスターン経営大学院)の教授を務める。1959年に初来日し、以降たびたび来日。日本画のコレクションを始める。1966年には勲三等瑞宝章を受勲。1971年にカリフォルニア州クレアモントのクレアモント大学院大学教授となり、以後2003年まで務める。1979年に自伝『傍観者の時代』を、1982年には初めての小説『最後の四重奏』を著した。2002年、アメリカ政府から大統領自由勲章を授与される。2005年に死去。95歳没。

ユダヤ系だったドラッカーは、ナチスの勃興に直面し、古い19世紀的ヨーロッパ社会の原理が崩壊するのを目撃し、危険を悟りイギリスを経てアメリカに家族とともに逃れた。そこで彼が目にしたのは20世紀の新しい社会原理として登場した組織、巨大企業だった。彼はその社会的使命を解明すべく、ゼネラルモーターズを題材にした著作に取り掛かる。それが、『企業とは何か(英語版)』(1946年)に結実することになるのだが、当時の副社長だったドナルドソン・ブラウン(英語版)が、『産業人の未来』(原題:The Future of Industrial Man)を読み、それに触発されてドラッカーに声をかけたことが発端である。『企業とは何か』は組織運営のノウハウすなわちマネジメントの重要性をはじめて世に知らしめ、フォード再建の教科書としても使われた。
彼は「分権化」などの多くの重要な経営コンセプトを考案したが、その興味・関心は企業の世界にとどまることを知らず、社会一般の動向にまで及んだ。「民営化」や「知識労働者」は彼の造語で、後に世界中に広まる。特に非営利企業の経営には大きなエネルギーを費やした。1990年には、『非営利組織の経営』(原題:Managing the Nonprofit Organization: Principles and Practices)を著している。
彼の著作には大きく分けて組織のマネジメントを取り上げたものと、社会や政治などを取り上げたものがある。本人によれば彼のもっとも基本的な関心は「人を幸福にすること」にあった。そのためには個人としての人間と社会(組織)の中の人間のどちらかのアプローチをする必要があるが、ドラッカー自身が選択したのは後者だった。
ドラッカーは著書『マネジメント』で、従来の全体主義的な組織の手法を改め、自律した組織を論じ、 前書きにおいて「成果をあげる責任あるマネジメントこそ全体主義に代わるものであり、われわれを全体主義から守る唯一の手立てである」と述べている。また、著書の『すでに起こった未来』(原題:The Ecological Vision)では、みずからを生物環境を研究する自然生態学者とは異なり人間によってつくられた人間環境に関心を持つ「社会生態学者」と規定している。
ドラッカーの思想は、組織や企業経営の分野にとどまらず、個人のプロフェッショナル成長の分野にも及んでいた。いわゆるナレッジワーカーが21世紀のビジネス環境で生き残り、成功するためには、「自己の長所(強み)」や「自分がいつ変化すべきか」を知ること、そして、「自分が成長できない環境から迅速に抜け出すこと」を勧めていた。新しい挑戦こそが、プロフェッショナルの成功に貢献すると主張していた。

ピーター・ドラッカーの記事よく読まれている記事

2015.05.07

もしドラッカーが水墨画を集めたら? ドラッカーが収集した作品を紹介

5月19日(火)より、千葉県千葉市の「千葉市美術館」にて、経営の神様”“マネジメントの父”などと呼ばれるピーター・F・ドラッカーの日本絵画のコレクションを紹介する展覧会『ドラッカー・コレクション 珠玉の水墨画 「マネジメントの父」が愛した日本の美』が開催される。 ドラッカー(1909~2005)は、その幅広い...

出典 インフォシーク

2015.05.01

穏やかでバランス感覚のあるリーダーになろうと思ってはダメだ ── ジャック・ウェルチ

ジャック・ウェルチは、発明王エジソンを起源に持ち、世界最大級の米国企業であるGE(ゼネラル・エレクトリック)のCEO(最高経営責任者)に、GE史上最年少の45歳で就任した人物だ。1981年からの約20年間で、時代遅れになりかけていたGEの組織と事業を改革。総資産約13倍(2,724億ドル)、純利益約4・4倍(73億ドル)、...

出典 The Huffington Post Japan

2015.04.28

一流のメンターとやり取りをする以上の効果が期待できる「ピア・メンタリング」

最近、20世紀を代表する政治学者であるピーター・ドラッカー氏がメンターとして経営者たちと接する中でのやり取りをまとめた『A Year with Peter Drucker』という本が話題になっています。ドラッカー氏をメンターとした経営者の中には、同じく20世紀を代表する経営者として知られるゼネラル・エレクトリック社の元CEOジ...

出典 BIGLOBEニュース

ピーター・ドラッカーの動画よく見られている動画

2010.08.02

『これを見ればドラッカーが60分で分かるDVD』予告編

出典 Youtube

2013.09.15

ピーター・ドラッカー 格言・金言・名言集

出典 Youtube

2014.12.25

【マネジメントの父】 ピーター・ドラッカーの本質を突いた言葉・名言集

出典 Youtube