Innopedia(イノペディア)は、現在及び過去の世界中のイノベーター及びその情報を集めた事典です。

Innopedia TOP企業家 > ラリー・ペイジ
企業家

ラリー・ペイジ
Larry Page

検索エンジンの生みの親。 Google創設者

Googleの共同創業者、最高経営責任者(CEO)。スタンフォード大学計算機科学にて、セルゲイ・ブリンと共にSearch Engineに関する論文を執筆。その後、1998年にGoogle社を共同設立。2001年まで共同社長兼最高経営責任者を務め、同年に最高経営責任者職をエリック・シュミットに譲った。シュミット、ブリン、ペイジによる三頭体制で製品部門担当の社長を務めていたが、2011年4月4日付で最高経営責任者に復帰。

所属企業名

グーグル社
Google Inc.

人類が使うすべての情報を集め整理する世界の検索エンジン

Google(グーグル)は、検索エンジン、クラウド・コンピューティング、ソフトウェア、オンライン広告といったインターネット関連のサービスと製品を提供する多国籍企業。収益の多くをアドワーズ(AdWords)と呼ばれるオンライン広告から得ている。

ラリー・ペイジの記事ラリー・ペイジの説明

ミシガン大学で計算機工学を専攻し、1995年に学士(計算機工学)号を取得。卒業後、スタンフォード大学計算機科学の博士課程に進学し、テリー・ウィノグラードの指導の下、ウェブのリンク構造、人間とコンピュータの相互作用、検索エンジン、情報アクセスインタフェースの拡張性、個人的なデータのデータマイニング手法などを研究。

在学中、同じくスタンフォード大学計算機科学の博士課程に在籍していたセルゲイ・ブリンと出会い、The Anatomy of a Large-Scale Hypertextual Web Search Engine(大規模なハイパーテキスト的なウェブ検索エンジンに関する解剖)と題された論文を共著で執筆した。修士号を取得した後スタンフォード大学を休学し、1998年にGoogle社を共同設立。論文はページランク技術(ペイジは、彼の姓に由来)に取り入れられることになった。従業員200人程度の規模になった2001年4月頃まで共同社長兼最高経営責任者を務め、同年7月に最高経営責任者職をエリック・シュミットに譲った。シュミット、ブリン、ペイジによる三頭体制で製品部門担当の社長を務めていたが、2011年4月4日付で最高経営責任者に復帰した。

ミシガン大学工学部の国家諮問委員も務めている。2002年、世界経済フォーラムにてGlobal Leader for Tomorrow(未来のグローバルリーダー)に指名された。2003年には、スペインのIE ビジネススクールから名誉MBAを授与。2004年には全米技術アカデミーの会員に選出され、2005年からはエックスプライズ財団の理事も務めている。

出典 : Wikipediaより一部抜粋
注 : 転載した内容の著作権は Wikipedia のライセンスに従います

ラリー・ペイジの記事よく読まれている記事

2015.03.25

グーグル、新CFOにモルガン・スタンレー幹部を起用へ

検索大手のGoogleは、新しい最高財務責任者(CFO)をウォール街から迎えることにした。  Googleは米国時間3月24日、投資銀行Morgan StanleyのCFOを務めるRuth Porat氏が5月26日からGoogleのCFOを務める予定だと発表した。Porat氏はCFO就任後、Googleの共同創業者で最高経営責任者(CEO)のLarry Page氏の直属になる...

出典 CNETJapan

2014.05.02

Googleのラリー・ペイジがCEOに返り咲いた舞台裏と貫かれている思いとは

Google検索を開発したGoogle社は1998年にラリー・ペイジ氏とセルゲイ・ブリン氏によって設立されました。ペイジ氏は2001年に最高経営責任者(CEO)の座をエリック・シュミット氏に譲りましたが、10年後の2011年にCEOに復帰しました。シュミット氏のもとでスタートアップだったGoogleは国際的な大企業へと成長を遂げますが...

出典 GigaziNE

ラリー・ペイジの動画よく見られている動画

2014.03.01

ラリー・ペイジ: グーグルが向かう未来

出典 TED

2013.11.11

ラリーペイジGoogleのCEOは、Google I / O 2013でのQ&A完了

出典 Youtube

2004.02.01

セルゲイ・ブリンとラリー・ペイジ:Googleについて

出典 TED