Innopedia(イノペディア)は、現在及び過去の世界中のイノベーター及びその情報を集めた事典です。

Innopedia TOP思想家・学者 > 伊藤 穰一
思想家・学者

伊藤 穰一
Joichi Ito

常識を覆す革新をおこす、MITメディアラボ所長

日本のベンチャーキャピタリスト、実業家、MITメディアラボ所長。ニューヨーク・タイムズの日本人初の取締役。他にもインターネット上の著作権の制限緩和を目的とする国際的NPO、クリエイティヴ・コモンズの会長を務め、ベンチャー・キャピタル企業の経営者でもあり、各種財団の理事を務めている。

所属企業名

MITメディアラボ
MIT Media Lab

ネットワークに関する世界最高峰の研究機関

MITメディアラボ(MIT Media Lab)は、米国マサチューセッツ工科大学内に設置された研究所。表現とコミュニケーションに利用されるデジタル技術の教育、研究を専門としている。

1985年にニコラス・ネグロポンテ教授と元同大学学長のジェローム・ウィーズナーによって設立。2006年2月1日よりコンピューター研究者のフランク・モスが同研究所所長の地位、2011年4月25日、伊藤穰一が、MITメディアラボの第4代所長に選出。

伊藤 穰一の記事伊藤 穰一の説明

1966年6月19日、京都府で生まれ。1985年の通信改革以前にモデムを利用していた日本人の一人で、10代でThe Source(英語版)やoriginal MUD(英語版)を始め26歳まで自作MUDを使っていた。高校卒業後に再度渡米してタフツ大学で後のeBay創業者Pierre Omidyar(英語版)と出会うも、専攻の堅苦しさとコンピューターを学校で「習う」ことに違和感を覚え、中途退学してOvonics社で働き始めるがStanford R. Ovshinskyに復学を勧められる。シカゴ大学物理専攻へ入学するも、物理を理解させることより実用的エンジニア育成を重視するカリキュラムに失望し、再び中途退学している。1985年秋にConnected Education(英語版)社のパイオニアプログラム・オンラインコース第1期生になり、New School for Social Research(英語版)で学士号を修得している。

シカゴのナイトクラブThe Limelight(英語版)やThe Smart BarでDJを務め、Metasystems Design Groupと一緒に東京でネット共同体(英語版)を模索している。後にMetro Chicago(英語版)のJoe Shanahan(英語版)に援助されて六本木でナイトクラブXY Relaxを運営し、インダストリアル・ロックやレイブなど音楽文化をシカゴから日本へ持ち込む一助になる。

PSINet Japan、株式会社デジタルガレージ、Infoseek Japan、など多数のIT関連会社を起業している。デジタルガレージ、カルチュア・コンビニエンス・クラブ、ローソン、マネックスグループ、ソニー、株式会社日本技芸、ニューヨーク・タイムズ、Tucows、Mozilla Foundation、WITNESS、Creative Commons、The John S. and James L. Knight Foundation、マッカーサー基金などのボードメンバーを務める。

セキュリティの専門家として、1997年に警察庁 情報セキュリティビジョン策定委員会委員に請われ日本の警察庁ハイテク犯罪対策室立ち上げに関与した。警察庁総合セキュリティ対策会議委員など多くの委員を務めている。

ベンチャーキャピタリストだけでなくエンジェル投資家としても世界に知られている。売上が小さく非常に早い段階(アーリーステージ)でのベンチャー支援に積極的で、ブログやソーシャルサービス、マイクロファイナンスなど、インターネット時代を代表するユニークなビジネスの創出に貢献している。過去に、Twitter、Six Apart、Wikia、Flickr、Last.fm、Fotonauts、Kickstarter、Path、loftworkなどへ投資している。創発民主制・シェアリングエコノミーの提唱者でもある。

2011年9月1日より日本人で初めてMITメディアラボ所長を務める。メディアラボの共同創業者で名誉議長のニコラス・ネグロポンテは「Joiがメディアを変えていくだろう」と語っている。アジアン・サイエンティスト・マガジン誌のインタビューでは、MITメディアラボのビジョンを語った上で「教育」ではなく「学び」という言葉のほうがしっくりくると語っている。着任後にメディアラボの活動指針として「ユニーク、インパクト、マジック」を示し、「誰もやっていないことをやる、真似はしない(ユニーク)」「やるなら社会にインパクトを与える活動を目指す(インパクト)」「そしてそれは驚きや感動を与えるものであるべきだ(マジック)」という意味の3つのキーワードを提示している。

出典 : Wikipediaより一部抜粋
注 : 転載した内容の著作権は Wikipedia のライセンスに従います

伊藤 穰一の記事よく読まれている記事

2015.01.01

iPS細胞研究所所長・山中伸弥が「未来」をキーワードに伊藤穰一と対談!『スーパープレゼンテーション新春SP』

世界が注目するイベント「TEDカンファレンス」を題材にプレゼンと英語を学ぶ語学教養はもちろん、世界を変える人々の驚きの発想を最高のプレゼンで聞くことができる番組『スーパープレゼンテーション』(Eテレ)。番組ナビゲーターは伊藤穰一(MITメディアラボ所長)。スピーカーのプロフィールや、プレゼンの英語キーフ...

出典 テレビドガッチ

2014.11.25

伊藤穰一とアピナン・ポーサヤーナンが語る、「未来都市」2つのヴィジョン

伊藤穰一 | JOICHI ITO 1966年京都府生まれ。MITメディアラボ所長。デジタルガレージなど多数のインターネット企業の創業に携わるほか、エンジェル投資家としてツイッターやフリッカーなど有望ヴェンチャー企業を支援。2014年3月、SXSW Interactiveにて殿堂入りを果たした。 MITメディアラボの伊藤穰一は、「合成生...

出典 WIRED.jp

2014.07.29

DIY、ハードサイエンス、バイオハッカー...。MITメディア・ラボ伊藤穰一氏が示すイノヴェーター未来予想図

先日、虎ノ門ヒルズで開催された「MIT Media Lab @ Tokyo 2014」。2日に渡って、テクノロジーやアート、サイエンスなどさまざまな分野で研究を進めている日本や世界のイノヴェーター達が登壇した、密度の濃い豪華なカンファレンスでした。 このカンファレンスの2日目最後には、MITメディアラボ所長の伊藤穰一さんがク...

出典 ギズモード・ジャパン

伊藤 穰一の動画よく見られている動画

2014.03.01

革新的なことをしたいなら「ナウイスト」になろう

出典 TED

2013.10.17

伊藤穰一氏(MIT Media Lab 所長)メッセージ「メディアドゥのコアバリュー」

出典 Youtube

2015.01.19

伊藤穰一 - 「創造的都市と生活の未来」

出典 Youtube